お知らせ

二次会の和装~ヘアスタイルいろいろ~

着物は、衿の形や全身の直線的なシルエット、色柄の使いかたなど、
洋服とは大きく異なります。
着物姿をバランスよく仕上げるには、
着物の格や年齢、TPOにふさわしく、似合う髪型にしましょう。

まず、見た目の印象を左右するのは「前髪のあしらい方」です。
同じ髪型でも、前髪やサイドの髪の流れによって、雰囲気はずいぶん変わります。

基本的に、前髪を立ち上げてボリューム感を出すとフォーマルな印象に。
前髪を垂らして自然なスタイルに整えると、カジュアルな印象になります。

サイドの髪は、ヶ流れを頭頂に向けてあげると若々しく、
襟足にむけてまとめると、落ち着いた雰囲気になります。

毛先が顔にかかる髪型は地味なりがちですので、
フェイスラインは立ち上げて晴れやかな表情に仕上げるようにします。

和装のまとめ髪として、よく登場するのは、次の6つのスタイルです。

①シニヨン
髷を作ってまとめた、オーソドックスなスタイル。
おだんごを作る位置によってイメージが変わり、
大きさや形によってもTPOや着物の格にあわせて変化をつけやすいスタイル。

②夜会巻き
サイドからバックの髪全体を頭頂部で抱き合わせるか、巻き上げて流れを作る巻貝のような形。
崩れにくく、和装にもドレスにも似合うので、覚えておくと重宝するスタイルです。

③ロールヘア
毛先を外巻きか内巻きにまとめたスタイル。外巻きが一般的。フォーマルな印象に。

④セットアップ
髷を作らない結い上げスタイル。髷があるように見えるため、ボリューム感があります。

⑤ダウンヘア
髪をそのまま垂らしたスタイル。振袖や袴には、ストレートや柔らかなカールヘアも似合いますが、
ミセスの場合は毛先をきちんとセットしてボリューム感を出すようにするのがポイントです。

⑥編み込みヘア
編むテクニックを使って仕上げるスタイル。
表編み、裏編み、ツイスト、縄編みなど、編み方は多彩。
ニュアンスが出て、崩れにくいのが特徴。

 

和装による結婚式、二次会はお任せください!
ご希望に合わせたスタイルを提案いたします。

ご質問・ご相談はお気軽にこちらよりお問い合わせください。