お知らせ

神社婚とは?

神社婚とは、神社で結婚式を挙げることを言い、神前式とも言われているものです。

神社に祀られている神様の前で、神道(しんとう)にのっとった方法にて進められていきます。

日本では、神道(しんとう)にのっとって行われる結婚式は、神社以外にも披露宴を行うホテルや結婚式場などにある結婚式専用の神殿を使用して行うこともできます。

教会で行われる結婚式や、多くの友人や家族・親戚の前で行われる人前式などが結婚式を挙げる若いカップルに人気となっている一方で、日本らしさを感じることのできる神社で挙げる神前式も再び人気となってきています。

そもそも、神社で行われる神前式は、いつから当たり前のように行われるようになったのか気になりますよね。

一番最初に結婚式として神社で行われたのは、明治33年の行われた大正天皇の御婚儀だと言われているようで、それ以降、大正天皇の御婚儀に憧れ、あやかりたいという人が多く、それを受けた東京大神宮において、一般の人を対象として神前結婚式を始めたことが、今現在日本の神社で結婚式を行うスタイルへとなっていったようです。

神社に参拝に訪れたときに、結婚式を挙げているカップルに出会うと羨ましくなりませんか?

これから夫婦となるカップルは、地域の神様に見守られ、永遠の愛と、両家の縁を誓う神聖な場は、厳かな雰囲気がとても素敵な空間となっています。