お知らせ

オリエンタル和装と普通の和装の違いは?

最近、若い人たちを中心に人気となっている「オリエンタル和装」をご存知でしょうか。

オリエンタル和装は、別名「振り袖ドレス」などとも呼ばれているのですが、名前の通り、振り袖などの着物をドレスのように見せて着るもののことを言います。

成人式のときに購入し、着用した振り袖や、母から受け継いだ着物などを、ドレスに仕立て直すことはせずに、

ドレスのように着付けることで完成するというものなので、着用し終えたら、また振り袖などの着物として保存したり、着用することができます。

オリエンタル和装は、特に結婚式の衣装として着用されることが多く、テレビなどでも取り上げられ人気急上昇中!

思い出が詰まった振り袖に、お気に入りのウェディングドレスと組み合わせることで、何とも不思議な雰囲気のドレスが完成。

とっても素敵な装いを演出することができるのです。

ドレスと振り袖を組み合わせる場合は、まずドレスを着用した後に、振り袖を着用。

腰から下のラインでドレス感を出すように着付けていきます。

また、振り袖そのものをドレス風に着付ける場合は、着物の柄に合わせた小物類を組み合わせることで個性的な雰囲気を出すことができます。

どちらも、個性的だけど嫌味がなく、オシャレ感いっぱいの自分だけのドレスへと変身させることができるのがいいですね。