お知らせ

和婚は白無垢姿だけではありません、自由にスタイルが選べます

神社婚というと、ご新郎様が紋付袴姿、ご新婦様が白無垢姿で髪型は日本伝統の文金高島田、綿帽子や角隠しをかぶられているイメージを持たれる方が多くいらっしゃることでしょう。

なぜ神前式では白無垢姿のイメージなのか、これは白無垢姿が嫁いだ先のしきたりや家風のどんな色にも染まるという決意の意味でもあるそうです。

しかし、和婚は白無垢姿だけではありません、実は、自由にスタイルが選べます。伝統ある和婚スタイルの白無垢・文金高島田で神前式をあげたいという方だけでなく、振り袖姿でももちろんOKです。

 

裾を引きずり歩くことが特徴の引き振り袖も結婚式で人気があります。もともと振袖というものは、結婚する前の女性が着用する着物ですが、別名お引きずりともよばれるこのスタイルでは、黒引き振り袖(黒引き)がもっとも格式があるものです。

白無垢と黒引き振り袖では、黒は縁起が悪いのではと思われがちですが、白無垢に意味があるように、黒引きでは、他の誰の色にも染まらないという意味があります。

日本の文化って面白いものですね。

 

京都での神社婚(和婚)をお考えの方は、是非京都ブライダルサロンぎおんにお気軽にお問い合わせください。
最近話題のオリエンタル和装もお選び頂きまして、ご希望の方には二次会支度までサポートさせて頂きます。

お問い合わせはこちらから